/

日中韓3首脳、尖閣・竹島など触れず ASEAN+3

(更新)
日中韓首脳会談は見送った(右から野田首相、中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領、19日、プノンペン)=共同

【プノンペン=桃井裕理】東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に日本、中国、韓国を加えた「ASEAN+3」は19日、カンボジアのプノンペンで首脳会議を開いた。日中韓3カ国の首脳は沖縄県の尖閣諸島や島根県の竹島(韓国名・独島)を巡る問題には一切触れず、ASEANとの協力関係の演出に努めた。日中両首相が立ち話や握手を交わす場面はなく、すれ違いに終わった。

会議では議長国カンボジアのフン・セン首相の挨拶に続き、中国、韓国、日本の順で発言した。温家宝首相は尖閣問題に触れず、李明博(イ・ミョンバク)大統領も竹島問題に言及しなかった。

野田佳彦首相も議題を域内の金融協力やコメの備蓄、経済連携などに絞り込んだ。「中国が尖閣問題について触れれば日本も反論するが、野田首相から言及はしない」。政府は今回のASEAN関連首脳会議で、中国への対応をこう取り決めていた。首相は同日午前の日ASEAN首脳会議では、南シナ海領有権問題を巡り「国際法の順守が重要だ」と強調したが「ASEAN+3」ではそれも言及を避けた。

3カ国ともに冷静な対応に努めた形だが、日中韓はASEAN関連首脳会議の場で恒例の日中韓首脳会談は見送り、日中、日韓首脳会談も開かない方向だ。

ただ、野田首相と李大統領は会議後の昼食会で短時間、一連のASEAN関連会議について言葉を交わす場面があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン