/

口蹄疫で処分30万頭超 支援策300~400億円

政府は19日の口蹄疫(こうていえき)対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)で、宮崎県で拡大している家畜伝染病の口蹄疫の新たな対策を決めた。週内から主な発生地域の半径10キロメートル以内のすべての牛と豚にワクチン接種を始め、感染拡大を遅らせたうえで全頭を殺処分する。殺処分の対象は18日までの分とあわせると30万頭を突破する見込み。赤松広隆農相は対策費が300億~400億円に達するとの見通しを示した。

半径10キロメートル以内の家畜の内訳は牛が約5万頭、豚が約15万5000頭。開始から4~5日で全頭のワクチン接種を完了し順次、殺処分する方針だ。畜産農家には1頭あたり牛で60万円、豚で3万5000円の奨励金を支給する。

10~20キロメートル圏内の畜産農家には、市場への早期出荷を促す。緩衝地帯を作ってウイルスを封じ込める狙い。農家には若い家畜の出荷による市場価値の目減り分を補てんする。

今回、殺処分する牛と豚30万頭は宮崎県内の飼育頭数の約4分の1にあたる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン