/

民主党離党は11人に 初鹿氏は「みどりの風」

民主党内の離党の動きは19日も続いた。小沢鋭仁元環境相、山田正彦元農相、阪口直人氏が離党届を提出。川口浩氏(比例北関東)も16日に離党届を提出していたことが分かった。14日の党首討論で野田佳彦首相が衆院解散を表明した後、11人が離党の意思を示した。

既に離党届を提出している初鹿明博氏は19日に記者会見し「みどりの風」への入党を発表した。民主党が党の公約に従うとする宣誓書の提出を公約条件に据えていることに触れ「誓約書には署名できないというのも離党の原因の一つだ」と語った。

民主党は衆院を解散した16日に党所属の前衆院議員に公認申請書を送付。党公認候補としてふさわしくない行動をとった場合には「それまでに供与を受けた便宜の一切を弁済すること」への宣誓を求めた。公認料を受け取った後の離党を防ぐ狙いがあるとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン