不動産取引の重要事項説明、ネットでも可能に

2013/12/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はIT(情報技術)を使った規制緩和の一環として現在、対面を義務付けている不動産取引での重要事項の説明をインターネットや電話を使ってできるようにする。契約書の交付を書面のみとしている制度も改め、メールなど電子媒体でも受け取れるようにする。

20日のIT総合戦略本部(本部長・安倍晋三首相)で決めるIT活用に向けた行動計画に盛り込む。なりすましなど不正の防止策は国土交通省が2014年中に詰める。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]