/

首相「少子化対策、第3子以降に特化も」

安倍晋三首相は19日の下関市での講演で、少子化対策に関して「特に第3子以降に特化して重点的に支援を行っていくことも考えるべきだ。これまでとは次元の異なる大胆な政策を検討していく」と述べた。3人目以降の子どもの出産や育児を抱える家庭を支援していく考えを示したものだ。首相は「人口減少の問題から逃げることはできない」と指摘。具体的な支援策として「二世帯住宅でも入り口(玄関)が別になっている独立型の住宅も出てきている。こういったものを政策的に応援することも一つのアイデアだ」と言及した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン