2019年1月24日(木)

長妻氏、厚労相交代に未練? 官僚との対決姿勢「定着を」

2010/9/19付
保存
共有
印刷
その他

長妻昭前厚生労働相は19日のテレビ朝日番組で「(閣僚が各省庁の)人事を繰り返し行うことが重要だ。首相を含め、閣僚が一定期間は務めるとのコンセンサスが官僚主導を変える大きなポイントだ」と述べ、1年で閣外に去ったことに未練をにじませた。

長妻氏は7月30日付で初めて次官・局長級人事を手がけて「自前」の布陣を整えたばかり。任期の大半を自民党政権の舛添要一元厚労相が任命した幹部と過ごした。

官僚との対決路線については「その流れを定着させるのが第2段階だ」と指摘。後任に副大臣だった細川律夫厚労相が就いたことで路線の継承に期待を示した。

ただ、細川厚労相は19日のNHK番組で「役人にも協力してもらう」と発言。長妻流の対決路線を微修正する考えを示唆した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報