/

首相、日米でTPP交渉主導

安倍晋三首相は19日午前の参院予算委員会で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について「全体に方向感が出ているのは事実で、最終局面を迎えている」と指摘した。そのうえで「米国と交渉しつつ、両国で協調して交渉全体の議論を引っ張っていきたい」と述べ、4月のオバマ米大統領来日に向けて日米協議の進展を目指す考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン