TPP交渉「絶対認めない」 自民反対派が決議

2013/2/19付
共有
保存
印刷
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加に反対する自民党の議員連盟「TPP参加の即時撤回を求める会」は19日午前の会合で、22日に予定する日米首脳会談での交渉参加表明に反対する決議文をまとめた。安倍晋三首相の訪米前に政府に申し入れる。

 決議文は「TPPは農林業や国民皆保険、食の安全・安心基準などに重大な影響を与える」と指摘。現段階での交渉参加は「絶対に認めることはできない」と明記した。

 昨年の衆院選公約に盛り込んだTPP交渉参加に関する6条件をめぐっては「米、麦、牛肉などの農林水産品の重要品目が関税撤廃の除外対象になること」など具体的な内容を列挙。「医薬品の特許権の保護強化に合意しないこと」「弁護士の事務所開設規制は我が国の特性を踏まえること」など公約で触れていなかった5種類の条件も「党内で強い指摘があった」として付け加えた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPP安倍晋三

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報