/

日韓の議員連盟、10月に合同総会 安保など議論

超党派の日韓議員連盟は18日、国会内で韓国側の韓日議員連盟との合同幹事会を開き、10月18日にソウルで合同総会を開くことを決めた。総会では安全保障や社会・文化など6分科会を設けて意見交換する。安全保障分野では、北朝鮮による核開発問題を扱う。日本側は集団的自衛権の行使容認について説明。日韓の歴史認識問題についても協議する。

日韓議連幹事長の河村建夫自民党選挙対策委員長は幹事会で「(来年の)日韓国交正常化50周年に向けて、首脳会談ができるように努力したい」と述べた。韓日議連の姜昌一(カン・チャンイル)幹事長は「日韓関係が悪化の一途をたどっている。正常化を実現したい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン