/

この記事は会員限定です

山崎拓元自民党副総裁「バスに乗り遅れた加藤氏」

(7月20日付朝刊政界面関連インタビュー)

[有料会員限定]

1999年9月の自民党総裁選で再選した小渕恵三首相は10月に内閣改造に踏みきった。総裁選で争った加藤紘一、山崎拓氏を冷遇し、両氏の反主流派の位置づけが明確になった。加藤氏と盟友関係だった山崎氏に当時の経緯を聞いた。

――10月の内閣改造では、山崎派として保岡興治氏を閣僚に推薦したものの小渕首相に断られるなど冷遇されたと聞きます。

「9月27日に小渕首相と単独で会った。保岡氏を採用するようにお願いし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン