/

この記事は会員限定です

首相、復興で「大連立」打診へ 自公など及び腰

震災担当閣僚、野党から 閣僚増は与野党合意

[有料会員限定]

菅直人首相は18日、東日本大震災と福島原子力発電所事故の対応を巡って自民党など野党に入閣を打診する意向を固めた。「大連立」を呼び掛けるもので、首相は19日午前に首相官邸で鳩山由紀夫前首相や小沢一郎元代表、前原誠司前外相ら代表経験者と会い、理解を求める。ただ、自民、公明など野党には慎重論が根強く、実現は不透明だ。

首相は18日夜の記者会見で「与野党間で内閣を強化するための方法についても話し合いをして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン