/

この記事は会員限定です

原発ゼロ、矛盾噴出し後退

経済界から懸念の声

[有料会員限定]

政府がエネルギー・環境戦略を参考文書として位置付けを軽くするのは、原発ゼロ方針に対する内外からの反発を和らげる狙いがある。政府が新戦略で唐突に「2030年代の原発稼働ゼロ」方針を盛り込んだことで現行政策との矛盾が噴出し、米国やフランスなど海外から批判が殺到。経団連など経済3団体のトップも18日、共同記者会見で戦略の撤回を要求していた。

政府は通常、重要政策は文書全体を閣議決定する。だが、原発ゼロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン