原発ゼロ、矛盾噴出し後退
経済界から懸念の声

2012/9/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府がエネルギー・環境戦略を参考文書として位置付けを軽くするのは、原発ゼロ方針に対する内外からの反発を和らげる狙いがある。政府が新戦略で唐突に「2030年代の原発稼働ゼロ」方針を盛り込んだことで現行政策との矛盾が噴出し、米国やフランスなど海外から批判が殺到。経団連など経済3団体のトップも18日、共同記者会見で戦略の撤回を要求していた。

政府は通常、重要政策は文書全体を閣議決定する。だが、原発ゼロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]