2019年9月22日(日)

経済成長と幸福度、日本が両立する道 小峰隆夫氏と内田由紀子氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2012/9/23 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 国民の幸福度を測る新たな指標づくりが世界的な潮流になってきた。国内総生産(GDP)のような既存の経済統計だけでは、本当の豊かさをとらえきれないという反省がある。幸福度指標に慎重な法政大学の小峰隆夫教授と、積極的な活用を訴える京都大学の内田由紀子准教授に聞いた。

■「経済悪いと不幸も増大」 小峰隆夫・法政大教授

――日本では昨年12月、内閣府の研究会が幸福度指標の試案を発表しました。

「国は成長率や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

幸福度の指標化を深読み


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。