/

この記事は会員限定です

安倍外交まずは安全運転 日米同盟テコ、対中韓の改善探る

[有料会員限定]

自民党の安倍晋三総裁は18日、オバマ米大統領と電話で協議し、政権発足を前に実質的な外交活動をスタートさせた。衆院選で領土を巡る問題などで強硬姿勢を前面に出した安倍氏を中国、韓国は警戒。安倍氏は日米同盟をテコに中韓との関係改善を目指すが、米国とも環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加問題が横たわる。当面は慎重なかじ取りで外交を進めることになりそうだ。

「日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸。中国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン