/

外相と米大使、F35の秘密保護で署名

前原誠司外相とルース駐日米大使は18日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の選定で、有力視しているF35の性能情報の秘密保護に関する交換公文に署名した。F35は米英など9カ国が共同開発中で、レーダーに捕捉されにくいステルス機能を備える。米国はF35の情報提供を望むすべての国に秘密保護協定の締結を求めている。F35の情報開示には米側に提供料を払う必要があるため、防衛省は2011年度予算に約6億円の調査費を計上している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン