/

原発立地の議長会、公聴会共催を拒絶 規制委の責任転嫁危惧

原子力発電所がある道県の議会議長らでつくる「原子力発電関係道県議会議長協議会」は18日、原子力規制委員会が安全審査の一環で開く公聴会について「規制委の責任で開催を」などと共催を拒絶する要請文を規制委に提出した。

公聴会は、外部の技術的な意見を求めるため、原発の地元で開く。規制委は「立地自治体からの開催要請に基づき共催する」としている。自治体側からは「共催にすることで責任を自治体に押しつけようとしている」などと反発が出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン