消えたキャリアの階段
働けない 若者の危機 第5部 世界も悩む(2)

2013/3/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米コネティカット州にあるPR会社。地元の州立大学を卒業したケリー・ブライ(22)が黙々と書類を整理している。毎日9時間のインターン(就業体験)は無給で、交通費さえ出ない。

正社員採用への期待を胸に、じっと耐える日々。見通しは暗い。収入減で引退後の計画が狂ったベテラン社員は退職を延ばした。働いた経験がある少し上の世代の失業者との競争も激しい。

■「新卒失業者」

「大学院に行くことも考えたけど多額の学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



関連キーワード

電子版トップ



[PR]