ガス田「白樺」、中国単独掘削なら対抗 首相が方針確認

2010/9/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菅直人首相は18日、首相公邸で仙谷由人官房長官や前原誠司外相、細野哲弘資源エネルギー庁長官らを呼び、日中両国が権益を主張している東シナ海のガス田「白樺」(中国名・春暁)を巡り協議した。中国側がドリルのような新たな機材を搬入したことを受け、中国側が単独で掘削に踏み切った場合、対抗措置をとる方針を確認した。

中国側は新たな機材の用途について「修理のため」と説明しているが、沖縄の尖閣諸島沖での海上保安…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]