2019年2月20日(水)

政府、資源獲得へ投資協定 11年に7カ国以上と
日本企業の進出後押し

(1/2ページ)
2010/12/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はレアアース(希土類)や石油など天然資源の安定調達に向けて投資協定の締結を加速する。2011年中に新たにアルジェリア、カタールと交渉を開始、すでに協議中のサウジアラビアなど7カ国以上と同年中に合意する見通し。資源獲得を目指す日本企業の海外進出を後押しし、欧米や中国に比べて劣勢の資源外交を強化する。

政府は現在、サウジアラビア、コロンビア、クウェート、カザフスタン、パプアニューギニア、アンゴラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報