/

この記事は会員限定です

官民で創薬ファンド 300~400億円規模、政府検討

[有料会員限定]

政府は革新的な医薬品の研究開発を支援するファンドの創設を検討する。公的機関の産業革新機構のほか、金融機関、製薬会社、ベンチャーキャピタルなど民間から出資を募り、2014年度にも300億~400億円規模の基金とする計画だ。資金面の制約で実用化が難しい日本発の新薬を生み出す環境を整える。

投資対象はがんや肝炎、糖尿病など医療ニーズの高い新薬開発。様々な組織の細胞に成長できるiPS細胞を活用した創薬研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン