/

高速新料金、6月実施を断念 休日1000円当面継続

前原誠司国土交通相は18日の閣議後の記者会見で、曜日や時間帯を限らず「普通車2000円」など、車種別に上限を設ける高速道路の新料金体系の6月実施を見送ると表明した。与党内から実質的な値上げとの批判が強く、関連法案の今国会成立の見通しが立たないため。自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象にした休日上限1000円などの現行割引が当面、続くことになる。

一部の地方路線の無料化に関しては、予定通り6月下旬から実施する。

国交相は新料金への移行について「今後の国会での関連法案の審議状況を踏まえて決めたい」と述べた。ただ与党の反発は強く、料金見直しは夏の参院選以降になる可能性も高い。

国交相は自民党政権が導入した割引制度に代わり、車種別の上限制を設ける新料金体系に6月から移行すると表明していた。しかし、新料金では従来の割引の大半が廃止になるため、近距離を中心に実質的に値上がりとなる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン