/

橋下氏「市長との兼務可能なら国政出馬も」

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は18日のテレビ朝日番組で、国政選挙への自身の出馬について「大阪市長として兼務できるなら選択肢として考える」と表明。首長と国会議員の兼職を禁止する地方自治法の規定を撤廃すべきとの持論を展開した。ただ「今は大阪都構想のために市長の任期を全うしなければならない」とも述べ、来月16日投開票の衆院選への出馬は改めて否定した。

河村たかし名古屋市長率いる減税日本との連携に関しては「あらゆる税を軽減するという発想には我々は立っていない。ここはどうしても譲れない」と強調。合流には減税側の政策転換が不可欠との考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン