自民・河村氏「大震災は天誅」 新潟市の講演で

2012/7/18付
保存
共有
印刷
その他

自民党の河村建夫選対局長は18日、新潟市で講演し「国づくりをやり直す時がきた。その天誅(てんちゅう)ともいうものが3月11日の(東日本)大震災だったという受け止めがあながち当たってないことはないと思う」と述べた。民主党政権の政策を批判し、国内の経済や社会の立て直しを訴える中での発言だが、被災者らの反発を招きそうだ。講演では「日本人は倫理、道徳観の高い勤勉な国民と理解されている。世界に尊敬される国づくりはうまくいったが、経済力が落ちると侮られる懸念はぬぐえない」とも指摘した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]