/

首相、惨敗「責任感じる」 文科相「独りよがり」と恨み節

野田佳彦首相は18日の閣議後の閣僚懇談会で、衆院選で現職閣僚8人が落選するなど与党が惨敗した結果について「責任を感じる。本当にご迷惑をおかけした。閣僚の皆さんには本当に頑張ってもらった。大変申し訳ありませんでした」と陳謝した。

各閣僚の記者会見では落選した閣僚から首相が年内解散に踏み切った判断への恨み節も漏れた。田中真紀子文部科学相は解散時期に関し「全然適切だったと思えない。独りよがりだ」と批判。さらに「自爆テロ解散だ。惨敗すると思っていた」と皮肉った。

城島光力財務相は「解散が早まったこともあり、マニフェスト(政権公約)などを理解してもらう時間がなかった。本当は年末から年始に地元対応をやろうとしていた」と語った。

三井辨雄厚生労働相は「首相が決めたことだから、こういう結果はやむを得ない」と指摘。樽床伸二総務相は「自民党に積極的に投票されたというより、我が党におきゅうをすえなければならないという感覚が表れた」と分析した。

閣僚懇では「内閣総辞職までしっかりと仕事をしよう」「みんな沈鬱にならないで1歩でも2歩でも前に進めていこう」との声もあがった。ただ雰囲気は「朝にもかかわらず、お通夜のようだった」(田中文科相)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン