2019年4月20日(土)

首相、口蹄疫対応に「一定の問題」
消費者相「十分反省する必要」

2010/5/18付
保存
共有
印刷
その他

鳩山由紀夫首相は18日午前、宮崎県で広がっている家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)への政府の対応について「それなりの一定の部分は(問題が)あると思う」と必ずしも十分ではなかったとの認識を示した。「感染経路を十分に把握することが難しい。生き物を扱うので難しいところはある」とも語った。

閣議後の記者会見では、福島瑞穂消費者・少子化担当相が「なぜ撲滅宣言ができないのかは十分、反省する必要がある」と指摘した。

赤松広隆農相は「私自身はやってきたことについて反省するところ、おわびするところはない」と強調した。中井洽国家公安委員長は「初動で口蹄疫でないと認定してしまったところから来る誤りだろう」と、宮崎県の対応を批判した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報