日コロンビア、EPA交渉で初会合

2012/12/17付
共有
保存
印刷
その他

 政府は17日、コロンビアとの経済連携協定(EPA)の締結に向けた交渉の第1回会合を都内で開いた。物品の関税の引き下げやサービス・投資分野での規制撤廃など、今後の交渉で話し合う項目を確認した。

 コロンビアは中南米諸国の中で、自由貿易を推進する姿勢が目立つ国。日本はEPAの締結をテコに自動車などの貿易の拡大を目指す。

 日本側は横田淳経済外交担当大使、コロンビア側はハビエル・ウンベルト・ガンボア・ベネビデス商工観光省首席交渉官らが参加した。2011年の日本からコロンビアへの輸出額は約1100億円で、自動車、鉄鋼、一般機械などが中心だ。同年のコロンビアからの輸入は約560億円で、7割がコーヒーなどの農林産品という。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

EPAEPA交渉コロンビア横田淳

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:52
22:45
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
22:48
22:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報