/

この記事は会員限定です

EU、日本の車部品関税ゼロ提案 EPA交渉で

チーズ・ワインの自由化条件

[有料会員限定]

日本と欧州連合(EU)がお互いの輸出入品にかけている関税の撤廃・削減をめざす交渉で、EUが日本の自動車部品の輸入関税を直ちに撤廃する案を示したことがわかった。日本がEU製のチーズやワインなど加工食品にかけている輸入関税を撤廃することが条件だ。日本政府は与党や国内の生産団体と今後の対応で調整を進める。

日本とEUが締結に向けて交渉しているのは経済連携協定(EPA)。EUが日本の自動車部品の輸入(日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン