今夏ボーナス、大企業2.75%増 2年ぶりプラス
平均74万6334円、円安追い風

2013/9/18付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は17日、大企業(資本金10億円以上で従業員1000人以上)の2013年の夏季ボーナスの妥結状況をまとめた。平均妥結額は74万6334円で、前年と比べ2.75%増えた。増加は2年ぶり。円安が進んだことで自動車など輸出産業の業績が好転し、ボーナスを増やした。

産業別で伸び率が一番高かったのは自動車で、9.47%増の85万339円だった。機械の5.96%増(79万135円)、窯業の5.89%増(83万1432円)が続いた。

円高が是正され、原材料や資源価格が高騰した影響で、鉄鋼は7.94%減(56万2017円)、紙・パルプ業は5.56%減(63万2168円)と落ち込みが大きかった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]