/

集団的自衛権、範囲を明確化 自民が防衛大綱で提言

自民党は17日、国防部会と安全保障調査会の合同会議を開き、政府が年内に決める新たな防衛計画の大綱(防衛大綱)に向けた提言の議論に入った。提言案に盛り込んだ新型輸送機オスプレイの導入やミサイル防衛の一環として敵基地攻撃能力の保有などが焦点になる。

提言案で「検討を開始し速やかに結論を得る」とした敵基地攻撃能力を巡っては、防衛省の辰己昌良報道官が同日の記者会見で「国際情勢の変化を踏まえ、あるべき防衛力の姿の中で今後、議論していくことになるのではないか」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン