/

維新に太陽が合流決定 石原代表・橋下代表代行に

日本維新の会の新体制
代  表石原慎太郎※
代表代行橋下  徹
幹 事 長松井 一郎
政調会長浅田  均
国会議員団代表平沼 赳夫※

橋下徹大阪市長が代表を務める日本維新の会と、石原慎太郎前東京都知事が率いる太陽の党は17日、合流を正式に決めた。代表は石原氏、代表代行に橋下氏が就く。党名は「日本維新の会」で、太陽は解党して維新に加わる。維新は同日、衆院選の1次公認候補47人を発表した。太陽が検討していた候補予定者11人を含め、追加公認に向けて擁立作業を加速する。

石原氏は17日、大阪市で開いた維新の全体会合に出席し「『第二極』にならないとダメだ。あとは橋下さんにバトンタッチしていく。私はワンポイントだ」と強調。橋下氏は「死に物狂いで勢力を全部変えていく。燃え尽きるまで戦い抜こう」と訴えた。

維新と太陽の政策合意
1、消費税の地方税化、税率は11%目安
2、道州制実現へ協議開始
3、中小・零細企業対策
4、社会保障財源は地方交付税廃止分+保険料適正化と給付水準見直し+所得税捕捉+資産課税
5、TPP交渉には臨むが、国益に沿わなければ反対
6、原発は安全基準などのルール構築
7、尖閣諸島は中国に国際司法裁判所への提訴を促す
8、企業・団体献金の廃止

維新と太陽は合流の前提として8項目の政策で合意。(1)消費税の地方税化と税率11%への引き上げ(2)環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加(3)道州制の推進――など維新の主張に沿った政策を盛り込んだ。原発に関しては、維新が掲げていた「2030年代までにゼロ」との目標は明記せず、安全基準などのルールを確立する方針を並べた。

人事では幹事長に松井一郎大阪府知事、政調会長は浅田均氏がそれぞれ留任。国会議員団代表には太陽の平沼赳夫共同代表、同幹事長には松野頼久前衆院議員が就く。

太陽は河村たかし名古屋市長が代表を務める減税日本との合流方針をいったん棚上げする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン