/

国家公務員、55歳から昇給停止 改正法成立

55歳以上の国家公務員の昇給を2014年1月から原則停止する改正給与法が17日、参院で与党などの賛成多数によって可決、成立した。民間より手厚いとされる高年齢層の給与を是正し、歳出抑制につなげる狙い。13年度分は14年1~3月の3カ月間で約6億円の経費削減を見込んでいる。

改正によって、55歳以上の国家公務員は、勤務評価が標準以下であれば昇給しなくなる。評価が良好以上であっても、昇給額は現在の半分から3分の1程度に抑制される。

人事院は昨年、昇給停止を13年1月から実施するよう勧告。しかし当時の民主党政権は、東日本大震災の復興財源を捻出するため、国家公務員の給与を12年4月から2年間、平均7.8%減額していることなどを考慮し実施を先送りしていた。

地方公務員に関しては改正の適用外となるが、政府は今年1月の閣議決定で、国と同様の昇給停止を行うよう各自治体に要請している。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン