首相、改憲で野党と連携模索 「民主含め3分の2に」

2013/6/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルファスト=永沢毅】安倍晋三首相が17日、参院選後に民主党の一部も含めて憲法改正に必要な参院での3分の2以上の勢力確保をめざす考えを表明した。改憲で足並みをそろえる日本維新の会は、橋下徹共同代表(大阪市長)の従軍慰安婦を巡る発言で逆風を受けている。幅広い勢力との連携を模索し、改憲への賛否が割れる民主党を分断する思惑もにじむ。

「日本維新の会、みんなの党だけでなく民主党の中にも条文によっては賛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]