/

この記事は会員限定です

海外展開の日本企業、7社に1社が二重課税 経産省調べ

[有料会員限定]

海外展開している日本企業の7社に1社が、複数の国から同じ理由で課税される「二重課税」の問題に直面したことが、政府の調べで分かった。中国、インドなど課税判断を巡るルールが日米欧と異なる新興国での税務紛争が多い。新興国で事業を拡大している日本企業は税務リスクへの対応が重要になっている。

経済産業省が海外に現地法人を持つ日本企業約4296社に3月にアンケート調査し、895社が回答した。「過去5年以内に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン