政府、省令・告示を総点検 規制緩和めざす

2013/12/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は来春をメドに、省庁が定めている約3700件の省令と告示をすべて点検する。省令や告示は法律の細部を補うものだが、過度な規制となって企業の活動を妨げる弊害も目立つ。病院による比較広告や処方箋の電子化を禁じる省令などが対象になりそうだ。見直し内容は、政府が毎年6月にまとめる規制改革の計画に盛り込む。

政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)が年明けから対象や進め方の議論を始める。点検作業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]