/

この記事は会員限定です

ミャンマー支援に500億円 円借款27年ぶり再開

インフラを整備、中国けん制

[有料会員限定]

政府は民主化に取り組むミャンマーを支援するため、2012年度中に500億円規模の円借款を実施する。円借款再開は27年ぶりで経済特区のインフラ整備や地方開発を支援する。19日の日ミャンマー首脳会談で野田佳彦首相が主要国の中でもいち早く金融支援を表明。日本企業の進出を後押しするとともに、ミャンマーへの影響力を強めてきた中国をけん制する。

首相はカンボジアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン