福島第1原発、2、3号機で注水増やす

2011/9/17付
共有
保存
印刷
その他

 東京電力は16日、福島第1原子力発電所2号機と3号機で、原子炉の燃料を冷やすための注水量を増やしたと発表した。2号機は毎時6トンから7トン、3号機は毎時7トンから毎時12トンにした。早期に原子炉を安定した「冷温停止」に持ち込む。

 2号機と3号機ではそれぞれ14日と1日に、燃料上部から水をかけ始めた。タービン建屋などの汚染水は水位がほぼ海抜3メートル以下で、注水を増やしてもあふれ出す恐れはないという。

 また経済産業省原子力安全・保安院は16日、福島第1原発の事故発生時の状況を東電の吉田昌郎所長ら幹部に8月に聞き取り調査した結果を公表した。津波到達後、1号機の原子炉を冷やす非常用復水器を稼働・停止する操作を現場で繰り返していたが、吉田所長らは復水器が動き続けていると認識していたという。

 この結果、原子炉への注水が後回しになったとみられる。炉心溶融(メルトダウン)を招いた要因として、事故調査の焦点となりそうだ。

 聞き取り結果によると、津波直後は復水器の動作状況が不明だったが、午後6時ごろにバッテリーが復活し、弁を開けて復水器を再稼働させた。ただ直後に蒸気の発生が確認できなくなり、弁の開閉を繰り返した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東京電力福島第1原子力発電所

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
10:33
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報