/

この記事は会員限定です

サンデル教授、社会保障と税で特別講義

「反対意見避けずに議論を」

[有料会員限定]

「社会保障と税」をテーマに16日開いた米ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の特別講義(主催・日本経済新聞社)では、消費税増税や年金給付の削減、世代間の公平などを巡り、聴衆が活発な議論を繰り広げた。サンデル教授は社会の共通利益のため「反対意見を避けずに、真剣に議論をすることが重要だ」と締めくくった。講義での主なやり取りは以下の通り。

サンデル氏 消費税率の10%への引き上げが(政府から)提案され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1524文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン