/

この記事は会員限定です

税制関連法案、「逆転国会」で道筋見えず

[有料会員限定]

政府は2011年度税制改正大綱の決定を受け、来年1月に税制改正関連法案を国会に提出する。参院で野党多数の「逆転国会」のもとでは、同法案の成立は困難だが、野党の協力を得る道筋は見えていない。税制改正関連法案など予算関連法案が11年3月末までに成立しなければ、予算執行に支障がでる可能性もある。

予算案は11年3月2日に衆院通過すれば年度内成立が確実となる。参院で否決しても成立する衆院の優越規定があるほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン