2018年1月17日(水)

社会保険料、25年度に年収3割超 「見えない増税」
企業、雇用抑制も

2012/4/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 家計や企業が負担する社会保険料が大きく上昇する見通しだ。年金や医療費などが膨らむためで、厚生労働省の推計によると、2025年度の会社員1人当たりの保険料(労使合計)は12年度初めより15%強増え、年収の3割を超える。負担増を正面から議論する増税と異なり、自動的に給与から天引きする保険料の上昇は、「見えない増税」。企業の負担感が高まれば、雇用の抑制につながる恐れもある。

 「社員に何と説明すればいい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

保険料厚生労働省熊野英生社会保険料



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報