/

衆院選空白区の公募、深谷・島村両氏は応募せず

自民党東京都連は16日、党本部で記者会見を開き、次期衆院選に向け空白区となっている8選挙区の公募に、深谷隆司元通産相(2区)や島村宜伸元農相(16区)は応募しなかったことを明らかにした。内田茂幹事長は「(自民党の定年基準の)年齢制限がひっかかるので応募できない。(両氏には)理解してもらった」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン