/

小沢・輿石両氏に民主代表代行を打診 菅首相

菅直人首相は16日、民主党役員人事で、代表選を争った小沢一郎前幹事長と輿石東参院議員会長に代表代行への就任を打診した。首相周辺が明らかにした。小沢氏は代表時代、鳩山由紀夫前首相を幹事長、菅、輿石両氏を代表代行に据えて党を運営したことがある。首相には挙党態勢の確立に前向きな姿勢を印象づける狙いがあるとみられるが、代表代行は実質的な権限のない役職の可能性もある。首相は同日、記者団に「小沢さんについても色々お願いしようと思っている」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン