首相「読書の秋」に備え? 原発関連本など5冊購入

2011/8/16付
保存
共有
印刷
その他

「読書の秋が近いから」。菅直人首相は16日、東京・八重洲の八重洲ブックセンター本店で「緊急解説! 福島第一原発事故と放射線」(水野倫之ら著)など原子力発電所事故の関連書籍を含め計5冊を購入した。店内では歴史小説にも手を伸ばしたが、国の原子力政策に異議を唱えた佐藤栄佐久前福島県知事の著書「知事抹殺」も買い求めるなど「脱原発」への未練をにじませた。

ほかに購入したのは「予兆とインテリジェンス」(佐藤優著)▽「侍とキリスト」(ラモン・ビラロ著)▽「冷い夏、熱い夏」(吉村昭著)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]