/

この記事は会員限定です

中国、日本国債減らしの怪

(真相深層)

1年で保有残高6兆円減少 ちらつく対立の影

[有料会員限定]

どうも変だ。中国が日本国債の保有を減らしている。円安への対応と取れなくもないが、それだけでは説明がつかない。目をこらすと、冷えきった日中関係の影がぼんやり見えてくる。

「中国が日本国債を売っていることは市場で少し話題になっていた。それにしてもこれほど減るとは……」。ある外資系証券の幹部は驚く。

財務省が最近まとめた国別の国際収支統計によると、中国が持つ日本国債の額は2013年末でおよそ14兆3千億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン