首相、TPP発言巡る米の発表「訂正求めた」

2011/11/16付
共有
保存
印刷
その他

 野田佳彦首相は16日午前の参院予算委員会で、日米首脳会談での環太平洋経済連携協定(TPP)に関する自らの発言をめぐり日米間で発表が食い違ったことについて「米国側に事実確認をした際に訂正した方がよいとは言った」と述べ、米国に訂正を求めていたことを明らかにした。

 米国は会談後、首相が「すべての物品とサービスを交渉のテーブルにのせる」と説明したと発表、日本側は発言を否定したが「訂正までは求めるものではない」(藤村修官房長官)としていた。

 公明党の木庭健太郎氏への答弁。米国は発表を訂正しないとの姿勢を変えていない。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報