/

首相、TPP発言巡る米の発表「訂正求めた」

野田佳彦首相は16日午前の参院予算委員会で、日米首脳会談での環太平洋経済連携協定(TPP)に関する自らの発言をめぐり日米間で発表が食い違ったことについて「米国側に事実確認をした際に訂正した方がよいとは言った」と述べ、米国に訂正を求めていたことを明らかにした。

米国は会談後、首相が「すべての物品とサービスを交渉のテーブルにのせる」と説明したと発表、日本側は発言を否定したが「訂正までは求めるものではない」(藤村修官房長官)としていた。

公明党の木庭健太郎氏への答弁。米国は発表を訂正しないとの姿勢を変えていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン