/

この記事は会員限定です

与謝野氏、国会の火種に 税・社会保障で民主とズレ

[有料会員限定]

24日召集の通常国会は冒頭から荒れる可能性がある。懸念材料は菅直人首相が再改造内閣の目玉として起用した与謝野馨経済財政担当相。自民党は議員辞職を求めており、批判は政策論にとどまらない。首相が期待する税・社会保障の一体改革に関する野党との調整役には不安が残る。

民主党と与謝野氏の政策の違いの代表例が年金制度改革だ。民主党はすべての人が月額7万円以上を受け取れる「最低保障年金」を創設し、財源は原則とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン