/

1人当たりGDP、2050年に韓国が日本抜く可能性

シンクタンク提言 経済大国脱落も

(更新)

経団連のシンクタンク、21世紀政策研究所(森田富治郎所長)は16日、日本と世界50カ国の長期経済予測と提言を発表した。このままでは日本経済は2030年代以降にマイナス成長が常態化し、50年には1人当たり国内総生産(GDP)で韓国に抜かれて世界18位になると予想。環太平洋経済連携協定(TPP)の推進を通じてアジア市場の成長を取り込むことなどを提言した。

日本の生産性が他の先進国並みを保つ「基本シナリオ」など4つの場合に分け経済成長率などを試算した。基本シナリオによると、日本のGDPの規模は50年にインドに抜かれ世界4位に後退。成長率が最も下振れする「悲観シナリオ」では、経済大国から脱落する可能性に言及した。

提言は日本の少子化を阻止し成長を促すため、移民の受け入れ基準を大幅に緩めるなど大胆な開放政策の検討を求めた。TPPを進めるほか、ガスなどを燃料にしたコージェネレーション(熱電併給)システムの活用なども促した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン