/

この記事は会員限定です

新規就農者に手当検討 年100万円、TPPへ環境整備

[有料会員限定]

政府は2012年度から新たに農業に携わる若者向けに直接手当制度を創設する方向で検討に入った。手当額は1人あたり年間100万円程度。100億円の予算を想定する。農業団体は日本の環太平洋経済連携協定(TPP)参加に反対。制度の新設はTPP参加に向けた環境整備の一つだが、バラマキとの批判を招く可能性が高い。

新たな就農手当制度は「食と農林漁業の再生推進本部」(本部長・菅直人首相)が6月にまとめる農業改革...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン