自民参院幹事長「集団的自衛権、憲法9条と相いれない」

2014/3/16付
保存
共有
印刷
その他

自民党の脇雅史参院幹事長は16日のNHK番組で、集団的自衛権の行使容認に関して「憲法9条と本質的に相いれない。外交安全保障上、何をなすべきか論理を組み立てたうえで、憲法との関係をしっかり議論する」と述べた。安倍政権が進める憲法解釈変更の閣議決定の前に、与党内の十分な議論が必要だとの考えを示したものだ。

参院選挙制度改革については「1票の格差」の是正に向けた私案を、4月中に選挙制度協議会に提示する意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]