/

この記事は会員限定です

憲法解釈変更へ自民急ぐ 集団的自衛権、公明なお慎重

[有料会員限定]

安倍晋三首相が15日、集団的自衛権の行使容認を巡る検討を指示したことを受け、自民、公明両党は20日に与党協議の初会合を開く。首相の意向を踏まえた自民党は行使容認のための憲法解釈変更を目指すが、慎重な公明党との溝はなお深い。政府・自民党は平時ではないが有事とはいえない「グレーゾーン事態」の議論を入り口にまず歩み寄りを求め、秋までに解釈変更で合意したい考えだ。

与党協議は週1回のペースで開く予定。(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン