憲法解釈変更へ自民急ぐ 集団的自衛権、公明なお慎重

2014/5/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 安倍晋三首相が15日、集団的自衛権の行使容認を巡る検討を指示したことを受け、自民、公明両党は20日に与党協議の初会合を開く。首相の意向を踏まえた自民党は行使容認のための憲法解釈変更を目指すが、慎重な公明党との溝はなお深い。政府・自民党は平時ではないが有事とはいえない「グレーゾーン事態」の議論を入り口にまず歩み寄りを求め、秋までに解釈変更で合意したい考えだ。

 与党協議は週1回のペースで開く予定。(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 2:23
1:00更新
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
3:01
2:22

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報