/

集団的自衛権の行使容認へ談話 維新、レーダー照射受け

日本維新の会の平沼赳夫国会議員団代表は15日、中国海軍が海上自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射した問題を受け、政府に集団的自衛権の行使を容認するよう憲法解釈の変更を求める談話を発表した。「南西諸島での自衛隊配備、ミサイル防衛強化などあらゆる軍事行動にそなえた日米共同シミュレーションの実施」も要請した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン